BUMP OF CHICKEN「記念撮影」リリックビデオ


Download videos:
medium

BUMP OF CHICKEN「記念撮影」 2017年7月5日(水)リリース ※カップヌードル2017年新CM「HUNGRY DAYS 魔女の宅急便 篇」タイアップソング iTunes Store: />レコチョク: />mora: />music.jp: />dwango: /> 作詞・作曲:藤原基央 編曲:BUMP OF CHICKEN & MOR 目的や理由のざわめきからはみ出した 名付けようのない時間の場所に 紙飛行機みたいに ふらふら飛び込んで 空の色が変わるのを見ていた 遠くに聞こえた 遠吠えとブレーキ 一本のコーラを挟んで座った 好きなだけ喋って 好きなだけ黙って 曖昧なメロディー 一緒になぞった やりたい事がないわけじゃないはずだったと思うけど 思い出そうとしたら 笑顔とため息の事ばかり ねぇ きっと 迷子のままでも大丈夫 僕らはどこへでもいけると思う 君は知っていた 僕も気付いていた 終わる魔法の中にいた事 昨日と似たような繰り返しの普通に 少しずつこっそり時間削られた 瞬きの向こうに いろいろいくつも 見落としたり 見落としたふりしたり あれほど近くて だけど触れなかった 冗談と沈黙の奥の何か ポケットには鍵と 丸めたレシートと 面倒な本音を つっこんで隠していた 固まって待ったシャッター レンズの前で並んで とても楽しくて ずるくて あまりに眩しかった そして今 想像じゃない未来に立って 相変わらず同じ怪我をしたよ 掌の上の 動かない景色の中から 僕らが僕を見ている 目的や理由のざわめきに囲まれて 覚えて慣れて ベストを尽くして 聞こえた気がした 遠吠えとブレーキ 曖昧なメロディー 一人でなぞった 言葉に直せない全てを 紙飛行機みたいに あの時二人で見つめた レンズの向こうの世界へ 投げたんだ 想像じゃない未来に立って 僕だけの昨日が積み重なっても その昨日の下の 変わらない景色の中から ここまで繋がっている 迷子のままでも大丈夫 僕らはどこへでもいけると思う 君は笑っていた 僕だってそうだった 終わる魔法の外に向けて 今僕がいる未来に向けて <BUMP OF CHICKEN TOUR 2017-2018 PATHFINDER> 2017年9月16日(土)千葉県 幕張メッセ国際展示場1〜3ホール OPEN 16:00 / START 18:00 2017年9月17日(日)千葉県 幕張メッセ国際展示場1〜3ホール OPEN 16:00 / START 18:00 2017年9月23日(土)北海道 北海きたえーる OPEN 17:00 / START 18:00 2017年9月24日(日)北海道 北海きたえーる OPEN 16:00 / START 17:00 2017年10月3日(火)新潟県 朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター OPEN 17:30 / START 18:30 2017年10月8日(日)静岡県 エコパアリーナ OPEN 17:00 / START 18:00 2017年10月9日(月・祝)静岡県 エコパアリーナ ※追加公演 OPEN 16:00 / START 17:00 2017年10月31日(火)大阪府 大阪城ホール OPEN 17:30 / START 18:30 2017年11月1日(水)大阪府 大阪城ホール OPEN 17:30 / START 18:30 2017年11月18日(土)広島県 グリーンアリーナ OPEN 17:00 / START 18:00 2017年11月19日(日)広島県 グリーンアリーナ ※追加公演 OPEN 16:00 / START 17:00 2017年12月9日(土)宮城県 セキスイハイムスーパーアリーナ OPEN 17:00 / START 18:00 2017年12月10日(日)宮城県 セキスイハイムスーパーアリーナ ※追加公演 OPEN 16:00 / START 17:00 2017年12月16日(土)石川県 石川県産業展示館4号館 OPEN 17:00 / START 18:00 2017年12月26日(火)徳島県 アスティとくしま OPEN 17:30 / START 18:30 2018年1月10日(水)愛知県 日本ガイシホール OPEN 17:30 / START 18:30 2018年1月11日(木)愛知県 日本ガイシホール OPEN 17:30 / START 18:30 2018年1月27日(土)福岡県 マリンメッセ福岡 OPEN 17:00 / START 18:00 2018年1月28日(日)福岡県 マリンメッセ福岡 OPEN 16:00 / START 17:00 料金:8,640円(税込) 幕張メッセ2DAYSチケット一般発売日:2017年7月30日(日) 北海きたえーる〜マリンメッセ福岡チケット一般発売日:2017年8月27日(日) MORE INFORMATION:



おるたなChannel
待ってました!!!!!!!PVTも相まってBUMPなんだけどBUMPでないみたいな不思議な感覚!この夏聞きまくります!
なす
記念撮影/BUMP OF CHICKEN 作詞:藤原基央 作曲:藤原基央 目的や理由のざわめきからはみ出した 名付けようのない時間の場所に 紙飛行機みたいに ふらふら飛び込んで 空の色が変わるのを見ていた 遠くに聞こえた 遠吠えとブレーキ 一本のコーラを挟んで座った 好きなだけ喋って 好きなだけ黙って 曖昧なメロディー 一緒になぞった やりたい事がないわけじゃないはずだったと思うけど 思い出そうとしたら 笑顔とため息の事ばかり ねぇ きっと 迷子のままでも大丈夫 僕らはどこへでもいけると思う 君は知っていた 僕も気付いていた 終わる魔法の中にいた事 昨日と似たような繰り返しの普通に 少しずつこっそり時間削られた 瞬きの向こうに いろいろいくつも 見落としたり 見落としたふりしたり あれほど近くて だけど触れなかった 冗談と沈黙の奥の何か ポケットには鍵と 丸めたレシートと 面倒な本音を つっこんで隠していた 固まって待ったシャッター レンズの前で並んで とても楽しくて ずるくて あまりに眩しかった そして今 想像じゃない未来に立って 相変わらず同じ怪我をしたよ 掌の上の 動かない景色の中から 僕らが僕を見ている 目的や理由のざわめきに囲まれて 覚えて慣れて ベストを尽くして 聞こえた気がした 遠吠えとブレーキ 曖昧なメロディー 一人でなぞった 言葉に直せない全てを 紙飛行機みたいに あの時二人で見つめた レンズの向こうの世界へ 投げたんだ 想像じゃない未来に立って 僕だけの昨日が積み重なっても その昨日の下の 変わらない景色の中から ここまで繋がっている 迷子のままでも大丈夫 僕らはどこへでもいけると思う 君は笑っていた 僕だってそうだった 終わる魔法の外に向けて 今僕がいる未来に向けて
ピーヤさむらい
BUMP迷子物語 一話:何回迷ったっていいさ(ダイヤモンド) 二話:迷子になる(ロストマン) 三話:迷子歩き出す(オンリーロンリーグローリー) 四話:迷子が迷子と出会い、別れる(arrows) 五話:どこにも行けないのにどこへでも行ける迷子(三ツ星カルテット) 六話:分かり合おうとしたらまた迷子になる(セントエルモの火) 七話:迷子が日常と化す[おはよう これから また迷子の続き](Hello,world!) 八話:迷子になったよ(アリア) 九話:二度ともう迷わない(アンサー) 十話:迷子脱却(リボン) 十一話:迷子でもいいんだよ(記念撮影)
ぴぱぁぱぷぅ
やりたいことがない 訳じゃない はずだったと思うけど がものすごく今の私
ポケモンにわか
歌:BUMP OF CHICKEN 作詞:藤原基央 作曲:藤原基央 目的や理由のざわめきからはみ出した 名付けようのない時間の場所に 紙飛行機みたいに ふらふら飛び込んで 空の色が変わるのを見ていた 遠くに聞こえた 遠吠えとブレーキ 一本のコーラを挟んで座った 好きなだけ喋って 好きなだけ黙って 曖昧なメロディー 一緒になぞった やりたい事がないわけじゃないはずだったと思うけど 思い出そうとしたら 笑顔とため息の事ばかり ねぇ きっと 迷子のままでも大丈夫 僕らはどこへでもいけると思う 君は知っていた 僕も気付いていた 終わる魔法の中にいた事 昨日と似たような繰り返しの普通に 少しずつこっそり時間削られた 瞬きの向こうに いろいろいくつも 見落としたり 見落としたふりしたり あれほど近くて だけど触れなかった 冗談と沈黙の奥の何か ポケットには鍵と 丸めたレシートと 面倒な本音を つっこんで隠していた 固まって待ったシャッター レンズの前で並んで とても楽しくて ずるくて あまりに眩しかった そして今 想像じゃない未来に立って 相変わらず同じ怪我をしたよ 掌の上の 動かない景色の中から 僕らが僕を見ている 目的や理由のざわめきに囲まれて 覚えて慣れて ベストを尽くして 聞こえた気がした 遠吠えとブレーキ 曖昧なメロディー 一人でなぞった 言葉に直せない全てを 紙飛行機みたいに あの時二人で見つめた レンズの向こうの世界へ 投げたんだ 想像じゃない未来に立って 僕だけの昨日が積み重なっても その昨日の下の 変わらない景色の中から ここまで繋がっている 迷子のままでも大丈夫 僕らはどこへでもいけると思う 君は笑っていた 僕だってそうだった 終わる魔法の外に向けて 今僕がいる未来に向けて
ヒカルの信者wwもうどうしようもねぇなwww
『やりたい事がないわけじゃないはずだったと思うけど』と『ポケットには鍵と丸めたレシートと面倒な本音を突っ込んで隠してた』の表現凄すぎない??
Xx xX
目的や理由のざわめきからはみ出した 名付けようのない時間の場所に 紙飛行機みたいに ふらふら飛び込んで 空の色が変わるのを見ていた 遠くに聞こえた 遠吠えとブレーキ 一本のコーラを挟んで座った 好きなだけ喋って 好きなだけ黙って 曖昧なメロディー 一緒になぞった やりたい事がないわけじゃないはずだったと思うけど 思い出そうとしたら 笑顔とため息の事ばかり ねぇ きっと 迷子のままでも大丈夫 僕らはどこへでもいけると思う 君は知っていた 僕も気付いていた 終わる魔法の中にいた事 昨日と似たような繰り返しの普通に 少しずつこっそり時間削られた 瞬きの向こうに いろいろいくつも 見落としたり 見落としたふりしたり あれほど近くて だけど触れなかった 冗談と沈黙の奥の何か ポケットには鍵と 丸めたレシートと 面倒な本音を つっこんで隠していた 固まって待ったシャッター レンズの前で並んで とても楽しくて ずるくて あまりに眩しかった そして今 想像じゃない未来に立って 相変わらず同じ怪我をしたよ 掌の上の 動かない景色の中から 僕らが僕を見ている 目的や理由のざわめきに囲まれて 覚えて慣れて ベストを尽くして 聞こえた気がした 遠吠えとブレーキ 曖昧なメロディー 一人でなぞった 言葉に直せない全てを 紙飛行機みたいに あの時二人で見つめた レンズの向こうの世界へ 投げたんだ 想像じゃない未来に立って 僕だけの昨日が積み重なっても その昨日の下の 変わらない景色の中から ここまで繋がっている 迷子のままでも大丈夫 僕らはどこへでもいけると思う 君は笑っていた 僕だってそうだった 終わる魔法の外に向けて 今僕がいる未来に向けて
はせしょう
目的や理由のざわめきからはみ出した 名付けようのない時間の場所に 紙飛行機みたいに ふらふら飛び込んで 空の色が変わるのを見ていた 遠くに聞こえた 遠吠えとブレーキ 一本のコーラを挟んで座った 好きなだけ喋って 好きなだけ黙って 曖昧なメロディー 一緒になぞった やりたい事がないわけじゃないはずだったと思うけど 思い出そうとしたら 笑顔とため息の事ばかり ねぇ きっと 迷子のままでも大丈夫 僕らはどこへでもいけると思う 君は知っていた 僕も気付いていた 終わる魔法の中にいた事 昨日と似たような繰り返しの普通に 少しずつこっそり時間削られた 瞬きの向こうに いろいろいくつも 見落としたり 見落としたふりしたり あれほど近くて だけど触れなかった 冗談と沈黙の奥の何か ポケットには鍵と 丸めたレシートと 面倒な本音を つっこんで隠していた 固まって待ったシャッター レンズの前で並んで とても楽しくて ずるくて あまりに眩しかった そして今 想像じゃない未来に立って 相変わらず同じ怪我をしたよ 掌の上の 動かない景色の中から 僕らが僕を見ている 目的や理由のざわめきに囲まれて 覚えて慣れて ベストを尽くして 聞こえた気がした 遠吠えとブレーキ 曖昧なメロディー 一人でなぞった 言葉に直せない全てを 紙飛行機みたいに あの時二人で見つめた レンズの向こうの世界へ 投げたんだ 想像じゃない未来に立って 僕だけの昨日が積み重なっても その昨日の下の 変わらない景色の中から ここまで繋がっている 迷子のままでも大丈夫 僕らはどこへでもいけると思う 君は笑っていた 僕だってそうだった 終わる魔法の外に向けて 今僕がいる未来に向けて
ミツネ先輩
自分用に貼ったけど見たいならどぞー BUMP OF CHICKEN/記念撮影 作詞作曲:藤原基央 目的や理由のざわめきからはみ出した 名付けようのない時間の場所に 紙飛行機みたいに ふらふら飛び込んで 空の色が変わるのを見ていた 遠くに聞こえた 遠吠えとブレーキ 一本のコーラを挟んで座った 好きなだけ喋って 好きなだけ黙って 曖昧なメロディー 一緒になぞった やりたい事がないわけじゃないはずだったと思うけど 思い出そうとしたら 笑顔とため息の事ばかり ねぇ きっと 迷子のままでも大丈夫 僕らはどこへでもいけると思う 君は知っていた 僕も気付いていた 終わる魔法の中にいた事 昨日と似たような繰り返しの普通に 少しずつこっそり時間削られた 瞬きの向こうに いろいろいくつも 見落としたり 見落としたふりしたり あれほど近くて だけど触れなかった 冗談と沈黙の奥の何か ポケットには鍵と 丸めたレシートと 面倒な本音を つっこんで隠していた 固まって待ったシャッター レンズの前で並んで とても楽しくて ずるくて あまりに眩しかった そして今 想像じゃない未来に立って 相変わらず同じ怪我をしたよ 掌の上の 動かない景色の中から 僕らが僕を見ている 目的や理由のざわめきに囲まれて 覚えて慣れて ベストを尽くして 聞こえた気がした 遠吠えとブレーキ 曖昧なメロディー 一人でなぞった 言葉に直せない全てを 紙飛行機みたいに あの時二人で見つめた レンズの向こうの世界へ 投げたんだ 想像じゃない未来に立って 僕だけの昨日が積み重なっても その昨日の下の 変わらない景色の中から ここまで繋がっている 迷子のままでも大丈夫 僕らはどこへでもいけると思う 君は笑っていた 僕だってそうだった 終わる魔法の外に向けて 今僕がいる未来に向けて
秋川夏海
誰かも書いていたけど、 BUMPって 考えさせられる スルメソングばかり作るから ラフメイカーであって、 スルメイカーでもあるんだな。
10969 shodai
目的や理由のざわめきからはみ出した 名付けようのない時間の場所に 紙飛行機みたいに ふらふら飛び込んで 空の色が変わるのを見ていた 遠くに聞こえた 遠吠えとブレーキ 一本のコーラを挟んで座った 好きなだけ喋って 好きなだけ黙って 曖昧なメロディー 一緒になぞった やりたい事がないわけじゃないはずだったと思うけど 思い出そうとしたら 笑顔とため息の事ばかり ねぇ きっと 迷子のままでも大丈夫 僕らはどこへでもいけると思う 君は知っていた 僕も気付いていた 終わる魔法の中にいた事 昨日と似たような繰り返しの普通に 少しずつこっそり時間削られた 瞬きの向こうに いろいろいくつも 見落としたり 見落としたふりしたり あれほど近くて だけど触れなかった 冗談と沈黙の奥の何か ポケットには鍵と 丸めたレシートと 面倒な本音を つっこんで隠していた 固まって待ったシャッター レンズの前で並んで とても楽しくて ずるくて あまりに眩しかった そして今 想像じゃない未来に立って 相変わらず同じ怪我をしたよ 掌の上の 動かない景色の中から 僕らが僕を見ている 目的や理由のざわめきに囲まれて 覚えて慣れて ベストを尽くして 聞こえた気がした 遠吠えとブレーキ 曖昧なメロディー 一人でなぞった 言葉に直せない全てを 紙飛行機みたいに あの時二人で見つめた レンズの向こうの世界へ 投げたんだ 想像じゃない未来に立って 僕だけの昨日が積み重なっても その昨日の下の 変わらない景色の中から ここまで繋がっている 迷子のままでも大丈夫 僕らはどこへでもいけると思う 君は笑っていた 僕だってそうだった 終わる魔法の外に向けて 今僕がいる未来に向けて
しろいくも
最近またずっとバンプオブチキンを聴いてる。随分と久しぶりだった。申し訳ないくらいに。音にはちょっとびっくりしたけど、いちばん根っこにあるものが変わっていない気がした。やっぱり「旗」とか好きだよね?
kan t
「やりたいことがある」と「やりたいことがないわけじゃない」は細かいけど全然違うんだよね。BUMPは上手く表現出来ない感情まで汲み取って表現してるからこんなに多くの人を魅了してるのかな。
BUMP Y.Y
カップヌードル最終章の曲 この回こそ 記念撮影で良かったのでは?
Y Y
『記念撮影』ってタイトルなのに、思い返されるのはブレーキの音、犬の遠吠え、夕焼け、ポケットのレシートと鍵。 要するに全然記念するような日じゃないんですよね。そんな思い出でも自分にとっては記念すべきこと。 とっておきの唄に通じるものがありますが(アルバムに記念日)、結局一番大事なのは君が(と)いたことなんだと。
kimigiku s
10年くらい前からバンプが好きでいると最近のは昔と全く違う曲調で「あぁ…、ついていけなくなってしまった」と敬遠してたけどこの曲でまたファンに引き戻された。 butterfiesから聞きなおそう…。
うんピー。
これ寝る前に聴くと死ぬように眠れる
こたろうたろう
数ヵ月前に大事な人を亡くした そんなときこの曲を聞いて、そんな意味の歌じゃないんだけどこの優しい声にすごく支えられた。 この曲を聞くと辛いことも思い出すけど 大事な人も同時に思い出せる。 バンプありがとう。
アッカンベー
なぜ周りにバンプ知ってるやつがいないんだ…(T-T) 私がバンプ好きだと言うと「ダパンプ?」って聞かれるのはなぜなんだ 逆にダパンプって何?って感じだったわ… 誰か私の友達になって…
万理華ガンバ
それぞれの年代で生きていた藤くんを一斉に会わせてみたい。どんな会話するのかな。
m ayaka
ロストマンで「迷子って気づいていたって 気づかないフリをした」と歌ってた藤くんが、今は「迷子のままでも大丈夫」と歌えるようになったこと。そのことにとても救われるし共感する。私は彼らよりひとまわり以上年下だけど、一緒に成長してきたつもりでいる。
T.T T.T
これ程言葉のセンスがありながら、言葉の無力さを詩に込めてる。 言葉に直せない全てを 紙飛行機みたいに(記念撮影) 人に説明できるような 言葉に直ってたまるかよ(GO) 言葉で伝えても 伝わったのは言葉だけ(宇宙飛行士への手紙) 言葉ばかり必死になって やっといくつか覚えたのに ただ一度の微笑みが あんなに上手に喋るとは(真っ赤な空を見ただろうか)
saki
BUMPの曲は大切なものに気付かせてくれて、背中を押してくれるというよりは寄り添ってくれる、そんな感じがする。
mari I
私はバンプと同い年だけど、年齢を重ねるほどに迷子になってるような気持ち、分かる気がするなぁ。
あは
目的や理由のざわめきからはみ出した 名付けようのない時間の場所に 紙飛行機みたいに ふらふら飛び込んで 空の色が変わるのを見ていた 遠くに聞こえた 遠吠えとブレーキ 一本のコーラを挟んで座った 好きなだけ喋って 好きなだけ黙って 曖昧なメロディー 一緒になぞった やりたい事がないわけじゃないはずだったと思うけど 思い出そうとしたら 笑顔とため息の事ばかり ねぇ きっと 迷子のままでも大丈夫 僕らはどこへでもいけると思う 君は知っていた 僕も気付いていた 終わる魔法の中にいた事 昨日と似たような繰り返しの普通に 少しずつこっそり時間削られた 瞬きの向こうに いろいろいくつも 見落としたり見落としたふりしたり あれほど近くて だけど触れなかった 冗談と沈黙の奥の何か ポケットには鍵と丸めたレシートと 面倒な本音をつっこんで隠していた 固まって待った シャッター レンズの前で並んで とても楽しくてずるくて あまりに眩しかった そして 今 想像じゃない未来に立って 相変わらず同じ怪我をしたよ 掌の上の 動かない景色の 中から僕らが僕を見ている 目的や理由のざわめきに囲まれて 覚えて慣れて ベストを尽くして 聞こえた気がした 遠吠えとブレーキ 曖昧なメロディー 一人でなぞった 言葉に直せない全てを 紙飛行機みたいに あの時二人で見つめた レンズの向こうの世界へ 投げたんだ 想像じゃない未来に立って 僕だけの昨日が積み重なっても その昨日の下の 変わらない景色の 中からここまで繋がってる 迷子のままでも大丈夫 僕らはどこへでも行けると思う 君は笑っていた 僕だってそうだった 終わる魔法の外に向けて 今僕がいる未来に向けて
- MN -
目的や理由のざわめきからはみ出した 名付けようのない時間の場所に 紙飛行機みたいに ふらふら飛び込んで 空の色が変わるのを見ていた 遠くに聞こえた 遠吠えとブレーキ 一本のコーラを挟んで座った 好きなだけ喋って 好きなだけ黙って 曖昧なメロディー 一緒になぞった やりたい事がないわけじゃないはずだったと思うけど 思い出そうとしたら 笑顔とため息の事ばかり ねぇ きっと 迷子のままでも大丈夫 僕らはどこへでもいけると思う 君は知っていた 僕も気付いていた 終わる魔法の中にいた事 昨日と似たような繰り返しの普通に 少しずつこっそり時間削られた 瞬きの向こうに いろいろいくつも 見落としたり 見落としたふりしたり あれほど近くて だけど触れなかった 冗談と沈黙の奥の何か ポケットには鍵と 丸めたレシートと 面倒な本音を つっこんで隠していた 固まって待ったシャッター レンズの前で並んで とても楽しくて ずるくて あまりに眩しかった そして今 想像じゃない未来に立って 相変わらず同じ怪我をしたよ 掌の上の 動かない景色の中から 僕らが僕を見ている 目的や理由のざわめきに囲まれて 覚えて慣れて ベストを尽くして 聞こえた気がした 遠吠えとブレーキ 曖昧なメロディー 一人でなぞった 言葉に直せない全てを 紙飛行機みたいに あの時二人で見つめた レンズの向こうの世界へ 投げたんだ 想像じゃない未来に立って 僕だけの昨日が積み重なっても その昨日の下の 変わらない景色の中から ここまで繋がっている 迷子のままでも大丈夫 僕らはどこへでもいけると思う 君は笑っていた 僕だってそうだった 終わる魔法の外に向けて 今僕がいる未来に向けて
FLCLPLWS
「想像じゃない未来に立って」 このフレーズとても好きだな、10年前将来どんな風になってるかなって思ってた。 想像じゃない未来、今、元気に仕事して相変わらずバンプが好きで聴いてるよ
poko Bump
BUMPは本当に表現が難しいから、本当の歌詞の意味に辿り着くまでに何回も聴くけど、本当の意味が分かったら、本当に感情の複雑な部分とかを上手く言い表したすごい歌詞だって毎回思ってる笑。藤くんすごい笑。
Igaga Jiz
この歌詞に「記念撮影」と名付けるセンスに脱帽
たまにゃん
賛否両論だけど、私このMVすきだなー。素直に曲だけに集中できる。すっと入ってくる。
もこあ
やっぱり何回聴いても素敵な曲。イントロで飛行機雲がもくもくと上がっていくのをイメージした。青春という魔法の中にいること…写真にモヤモヤを抱えた過去の自分を見て、迷子のままでも大丈夫って呼びかけているような… 私も残り少ない高校生活、一瞬一瞬を大切にします、いつか写真を見て今を思い出すんだろうなぁ…
音咲苗優太
記念写真を見て 「君も笑っていた 僕だってそうだった 終わる魔法の外に向けて」 という捉え方をするなんて。 今まで感じたこともなかったけどなるほど、素敵な捉え方だなって思った
アイルD
今年のノーベル文学賞は藤原基央で
おくラッポー
学生のみんなには、終わる魔法の中にいることを知って、気づいていてほしいな。。 今想像じゃない未来に立って、掌の上の動かない景色を眺めながら思うよ…
Zypher Sama
I probably contributed 500-1000 views.
Mahiru Yasuda
鬱々としてしんどくて、そんな中BUMPを聴いてみたら、嗚呼とりあえず続きを進もうと思えた気がする。 続きを進む恐怖の途中で続きがくれる勇気にも出会えるんだよね、変わらない景色の中からここまで繋がってるんだよね、わたしは頑張れるよね、大丈夫大丈夫
HAIJI08
CMの曲で終わらせるには勿体ない
おかぶ
やっと答え合わせができた 卒業式の時のスライドショーでBGMの1つに使われてたのが、BUMPなのは歌声でわかってたけど曲名も歌詞もわからなかったからめっちゃ気になってた
onechan s
bumpに全く詳しくないけど、 この曲素晴らしいと感じた。 他の曲も良い曲ばかりだが、この曲聴いた時にビビっときた
キーサカ
最近この曲ハマったわ 同じ人👍(👍稼ぎすいません)
Yuta Fujinoki
なんともいえない切なさの中に、未来へ向かっていく希望も唄っているような。BUMP OF CHICKENの魅力ですね。
たにき-めんろんぱん
公開から二ヶ月、二ヶ月間ほぼ毎日欠かさず聴いた曲は今まで無かった BUMPの曲の中でも自然に自分の中に居座ってる曲だわ 自分もBUMPはスルメって思ってるけど、記念撮影は最初から味がありました 控えめに言って一生ついていきます
Ryoya Mizuno
個人的BUMP OF CHICKENの最高傑作。
ジェットゆうの成長日記
こんな時間なのにみんな起きててヤバイわぁ~ 皆様明日も頑張ってくださいね(๑•̀ㅂ•́)و✧ これ聞いたら頑張れるはず!👍👍
キャップえんぴつ
LINEMUSICにバンプがない悲しみ…
DH HD
どんなに他のアーティストに浮気しても必ずBUMPに戻ってくる 好きじゃ足りないくらい特別
D. Kentaro
バンプが変わったとかネットでよく言われてますが、年齢重ねて、曲趣味も変化するし、変わるのは変わるで、いいのでは。
ホンダケイスケ
BUMPは初めて好きになったバンドです
SZ chan
BUMPの後追いバンドが台頭してる。 正直、その中にめっちゃ好きなバンドもちらほら。 だけど、始まりにして最強。 それがBUMP
久遠遠藤
なんかよくツイッターとかで 菅田将暉の歌声BUMPに似てる!! とかいう人達いるんですけど 似てますか?? 私は全然似てないと思うんですけど|д゚)
abc #vabotter
バンプって衰えるどころか年を重ねるたびに若返ってるイメージ
Cheap_sweets
昔から中高生に人気だったバンド マジで不滅じゃねえか
にこる
ずっと聴いてるけど飽きないし、むしろ最初に聴いた時よりも心に響いてきて いろんな解釈ができるから聴くたびに新鮮な感じがする、、 聴く人によっていろいろな想像ができるって本当に素敵だと思います うまく説明できない( ˊᵕˋ ;)
。駄菓子屋
もう藤くん迷子センター行った方がいい
t h
もう一年前の曲なんですね。。。
Tokyo 78
無料でダウンロードとか出来ちゃう世の中だからこそ、こういう本当に良い曲をつくるアーティストに出会うと、彼らを応援して、また次の感動をおすそ分けしてほしいから、やっぱりちゃんとお金を払おうって気持ちにいつもなる!
t fj
学生時代がフラッシュバックされる。だから何だか懐かしくてもう戻れないんだと泣きそうになる。聞いてて胸が締め付けられるのにすごく心地よくて永遠に聞いてたい。まさにずるい曲。大好きっ!(CMのキキボイス)
オレンジトマト
日本だけではなくBUMPは世界を浄化しに来てくれた宇宙からの贈り物だと思ってます。
バンプloveしほりん
この前好きな人と一緒にこれ歌って、すごい泣きそうになった。
Jotaro Miyamoto
早く次のアルバム聴きたい アリア アンサー 記念撮影 リボンとか全部いい曲やん(もちろんバンプの曲でいい曲じゃないのなんてないけどー
Heil Sieg
BUMP OF CHICKENの曲好きです\(^^)/
おむらいす
バンプ聴くとなんかじわっと泣きたくなる人いる?✋
coffeemug
天体観測、記念撮影。。 とにかく記録系は強いな
R K
BUMPあるある 聴けば聴くほどハマってしまうスルメ歌。
しょっぺー
歌詞 目的や理由のざわめきからはみ出した 名付けようのない時間の場所に 紙飛行機みたいに ふらふら飛び込んで 空の色が変わるのを見ていた 遠くに聞こえた 遠吠えとブレーキ 一本のコーラを挟んで座った 好きなだけ喋って 好きなだけ黙って 曖昧なメロディー 一緒になぞった やりたい事がないわけじゃないはずだったと思うけど 思い出そうとしたら 笑顔とため息の事ばかり ねぇ きっと 迷子のままでも大丈夫 僕らはどこへでもいけると思う 君は知っていた 僕も気付いていた 終わる魔法の中にいた事 昨日と似たような繰り返しの普通に 少しずつこっそり時間削られた 瞬きの向こうに いろいろいくつも 見落としたり 見落としたふりしたり あれほど近くて だけど触れなかった 冗談と沈黙の奥の何か ポケットには鍵と 丸めたレシートと 面倒な本音を つっこんで隠していた 固まって待ったシャッター レンズの前で並んで とても楽しくて ずるくて あまりに眩しかった そして今 想像じゃない未来に立って 相変わらず同じ怪我をしたよ 掌の上の 動かない景色の中から 僕らが僕を見ている 目的や理由のざわめきに囲まれて 覚えて慣れて ベストを尽くして 聞こえた気がした 遠吠えとブレーキ 曖昧なメロディー 一人でなぞった 言葉に直せない全てを 紙飛行機みたいに あの時二人で見つめた レンズの向こうの世界へ 投げたんだ 想像じゃない未来に立って 僕だけの昨日が積み重なっても その昨日の下の 変わらない景色の中から ここまで繋がっている 迷子のままでも大丈夫 僕らはどこへでもいけると思う 君は笑っていた 僕だってそうだった 終わる魔法の外に向けて 今僕がいる未来に向けて
peta peta Peter
修学旅行前日の夜に公開になってバスの中で友達と記念撮影の話でいっぱいだったんだよな
kui aseyu
50近いおっさんだけど最近初めてこのバンドを知り、色んな曲を聴きました。 「君」や「僕」という小さな距離感の中に無限の世界観を構築する歌詞は他のアーティストとは一線を画していますね。
ふく餅
固まって待った シャッターのところ好き
twiceナヨン
とても楽しくてずるくての、ずるくてという歌詞。俺にはまだ、理解できてない。深すぎる
ir o
BUMPの曲って、言葉に直そうと思えば直せるけど、言葉にした瞬間に価値が落ちる気がする。 心に直接くるこの感じ。このコメントもそうだけどさ。BUMPって本当に特別。
o a
BUMPは本当に私のヒーローです。 BUMPに出会えて私の人生は本当に変わったし何度も泣きました。ありがとう!supernovaの「本当のありがとうはありがとうじゃ足りないんだ」って歌詞は私がBUMPに言いたい事です!
Sassou
I just love this song it's so beautiful! this group is so talented!
アギト生
片目で見たら飛び出して見えるよ、知ってる人も沢山いると思うけど。 If you watch this video with your ONE eye, you could look like 3D.
sugizohakami
冗談と沈黙の奥の何か こんなに的確にもどかしい気持ちを表現できる人がいるのか。。。。
r mzn
幕張初日、記念撮影ふくめてほんとに最高だった! 懐かしい曲もたくさん… ほんとにほんとに大好きです! 想像じゃない未来だけど、迷子でも大丈夫っていってもらえるから、支えられます! いつもたくさんの曲で支えられてる分、応援で返していけますように!
どうも、らっくんです
やっぱりBUMPの曲は 手を引いてくれる曲というより 背中を押してくれる曲で 温かい気持ちになれる。 あとは君が踏み出すだけだよって 無理矢理手を引くのではなく、 1歩前に踏み出す勇気をくれる。 これからもずっと大好きです。
はくとと
なんでいつもこう‥メロディーと歌詞がこんなにも合うんだろう‥ BUMP の曲にはいつも救われる。
キングサーモン
難しい表現の歌詞ですね、さすがバンプ、比喩的な歌詞に奥深さを感じます。
3156
バンプの曲って不思議で、新しい曲が出るたび、「今の私のことを歌ってくれてる」と思ってしまう。 ありがとう。ずっとずっと、歌い続けてほしい。
なば
幕張2日目ありがとうございました。ずっと会いたかったBUMP OF CHICKEN。僕を救ってくれたあなた達に、会えたら死んでもいいなんて本気で思ってたあの頃を、憂うことはありません。今度はしっかりと、確かな生きる希望をもらえました。 この曲にはイノセントと似た印象を覚えていましたが、BUMP OF CHICKENの進化を感じました。「イマ」の進み方を信じさせてくれてありがとう!!
km pmub
片眼で見ると3Dになると聞いて試していたら気付いた。 撮影するとき、ファインダーを覗くのも片眼ですね。 この映像はカメラ越しの画を表現しているのかな。
あつじん
高校最後の夏が近付いてきて、そろそろ今まで以上に記念撮影がしみじみと来る時期がやって来そう
吉良吉影
BUMPの4人はどこまでも行ける
壬雄露
歌が終わると何か心の真ん中に穴がぽっかり開いた感じになる
。うーた
BUMPは他のバンドとは違う力がある...大好き。4人でずっとやっててほしい。生きがい。
kuro skellington
English translation w/ Japanese lyrics: 目的や理由のざわめきからはみ出した 名付けようのない時間の場所に I sticked out from the murmur of the purposes and reasoning to a undefined place of time. 紙飛行機みたいに ふらふら飛び込んで 空の色が変わるのを見ていた Flying wobbly like a paper airplane, I watched as the sky changed it's colour. 遠くに聞こえた 遠吠えとブレーキ 一本のコーラを挟んで座った I heard a howl and a sound of brake, as we sat down with a bottle of coke in between us 好きなだけ喋って 好きなだけ黙って 曖昧なメロディー 一緒になぞった We talked and stayed quiet as much as we wanted to, tracing an uncertain melody. やりたい事がないわけじゃないはずだったと思うけど 思い出そうとしたら 笑顔とため息の事ばかり I think it's not that I didn't have anything I wanted to do but what I recalled was about smile and all the sighs. ねぇ きっと 迷子のままでも大丈夫 僕らはどこへでもいけると思う Hey, I'm sure it's fine even if we're lost, we can go anywhere 君は知っていた 僕も気付いていた 終わる魔法の中にいた事 You knew, and I also did that we were within a mortal magic. 昨日と似たような繰り返しの普通に 少しずつこっそり時間削られた My time was secretly yet slowly shaved by a repeating normal that was similar from yesterday 瞬きの向こうに いろいろいくつも 見落としたり 見落としたふりしたり Beyond a blink, I overlooked and pretended to overlook numerous stuffs. あれほど近くて だけど触れなかった 冗談と沈黙の奥の何か Something within a joke and a silence, that was so close and yet I didn't touch. ポケットには鍵と 丸めたレシートと 面倒な本音を つっこんで隠していた Inside my pocket I hid my key, crumbled receipt and my pain yet true intention. 固まって待ったシャッター レンズの前で並んで Lining up infront of the lens, and a shutter waiting frozen. とても楽しくて ずるくて あまりに眩しかった It was so much fun, yet cunning and it was so bright そして今 想像じゃない未来に立って 相変わらず同じ怪我をしたよ And now, standing upon top of a future that is not a mere imagination, we got the same old wounds. 掌の上の 動かない景色の中から 僕らが僕を見ている Within the unmoving scenery on top the palm we are watching I. 目的や理由のざわめきに囲まれて 覚えて慣れて ベストを尽くして Being surrounded by the murmur of purposes and reasonings, learned and got used to trying to our fullest. 聞こえた気がした 遠吠えとブレーキ 曖昧なメロディー 一人でなぞった I thought I heard, a howl and sound of a brake, I traced uncertain melpdy alone. 言葉に直せない全てを 紙飛行機みたいに あの時二人で見つめた レンズの向こうの世界へ 投げたんだ We threw everything that can't be fixed into words like a paper airplane into the world beyond the lens that we saw together at that moment. 想像じゃない未来に立って 僕だけの昨日が積み重なってもその昨日の下の 変わらない景色の中から ここまで繋がっている Standing on top of a future that's not a mere imagination, even if yesterdays only belonging to me piled up, from the unmoving scenery from yseterdays, it connected all the way here. 迷子のままでも大丈夫 僕らはどこへでもいけると思う 君は笑っていた 僕だってそうだった 終わる魔法の外に向けて I'm sure it's fine even if we're lost, we can go anywhere. You were laughing, and so was I, looking towards the outter side of mortal magic 今僕がいる未来に向けて Looking towards the future that I am in now.
ういおか
久しぶりに聞いたら、歌詞が今の自分にメチャクチャ被っててなんか泣いた
ミズキT
あー明日からだ!!!!! チケット全部外れたけど、すっげえドキドキする!!!!! 行きたかった〜
pontsuka15
タイトルが「記念写真」じゃなくて「記念撮影」なのは、本当に大事なのは今掌の上にある写真じゃなくて(写真も大事なんだけど)、いつか君と写真を撮った事実の方だからなんだろうと、だから、もしも僕が写真を無くしてしまったとしても、きっと大丈夫なんだろうと、僕はそう思います。
実mEgu
コメント欄見てるとほんとファンの人すらかっこよすぎて、自分をしっかり持ってこの曲解釈してるんだなって思うと、なんていうか、うん、かっこいいな。 自分もそうなりたいです。 今はあまり分からないけど、分かるようになりたいな。 BUMP OF CHICKEN 大好きです。
_*Taku*_
ここのコメ欄の人達の音楽を聴く姿勢っていうのがとてもレベル高くて尊敬する。 なんか、BUMPって小説だよな。
鈴木海
自分の好きなアーティストが他のグループと似てるって言われて喜ぶ人がいるとでも思ってるかなぁ
ペンペンちゅうい
聴いた後に、喪失感が訪れるのは俺だけじゃないはず....
sumomomon mon
カップヌードルのCMでいい曲やな~思ってたけど、改めてちゃんと聞くとめっちゃいい曲。だった。
粉々の馬
なんかこう 引き込まれる感じがスゲェ
bye-bye be
アリア リボン アンサー ←この珍しい景色を 「記念撮影」的な?
DADADA ISO
次のアルバム神曲多そうな気がするの俺だけ?
kan t
BUMPって現実的であり神秘的な感じする。泥臭く生きるその姿が美しいって言ってるような。
RYsan
ポケットには鍵と丸めたレシートと面倒な本音をつっこんで隠していた固まって待ったシャッターレンズの前で並んでとても楽しくてずるくてあまりに眩しかったここめっちゃすき。
fu
見えないものを見ようとする『pathfinder』(探求者) ツアータイトル、すごくいいな。