BUMP OF CHICKEN「記念撮影」


BUMP OF CHICKEN「記念撮影」 2017年7月5日(水)リリース ※カップヌードル2017年新CMシリーズタイアップソング iTunes Store: />レコチョク: />mora: />music.jp: />dwango: /> 作詞・作曲:藤原基央 編曲:BUMP OF CHICKEN & MOR 目的や理由のざわめきからはみ出した 名付けようのない時間の場所に 紙飛行機みたいに ふらふら飛び込んで 空の色が変わるのを見ていた 遠くに聞こえた 遠吠えとブレーキ 一本のコーラを挟んで座った 好きなだけ喋って 好きなだけ黙って 曖昧なメロディー 一緒になぞった やりたい事がないわけじゃないはずだったと思うけど 思い出そうとしたら 笑顔とため息の事ばかり ねぇ きっと 迷子のままでも大丈夫 僕らはどこへでもいけると思う 君は知っていた 僕も気付いていた 終わる魔法の中にいた事 昨日と似たような繰り返しの普通に 少しずつこっそり時間削られた 瞬きの向こうに いろいろいくつも 見落としたり 見落としたふりしたり あれほど近くて だけど触れなかった 冗談と沈黙の奥の何か ポケットには鍵と 丸めたレシートと 面倒な本音を つっこんで隠していた 固まって待ったシャッター レンズの前で並んで とても楽しくて ずるくて あまりに眩しかった そして今 想像じゃない未来に立って 相変わらず同じ怪我をしたよ 掌の上の 動かない景色の中から 僕らが僕を見ている 目的や理由のざわめきに囲まれて 覚えて慣れて ベストを尽くして 聞こえた気がした 遠吠えとブレーキ 曖昧なメロディー 一人でなぞった 言葉に直せない全てを 紙飛行機みたいに あの時二人で見つめた レンズの向こうの世界へ 投げたんだ 想像じゃない未来に立って 僕だけの昨日が積み重なっても その昨日の下の 変わらない景色の中から ここまで繋がっている 迷子のままでも大丈夫 僕らはどこへでもいけると思う 君は笑っていた 僕だってそうだった 終わる魔法の外に向けて 今僕がいる未来に向けて <BUMP OF CHICKEN TOUR 2017-2018 PATHFINDER> 2017年9月16日(土)千葉県 幕張メッセ国際展示場1〜3ホール OPEN 16:00 / START 18:00 2017年9月17日(日)千葉県 幕張メッセ国際展示場1〜3ホール OPEN 16:00 / START 18:00 2017年9月23日(土・祝)北海道 北海きたえーる OPEN 17:00 / START 18:00 2017年9月24日(日)北海道 北海きたえーる OPEN 16:00 / START 17:00 2017年10月3日(火)新潟県 朱鷺メッセ・新潟コンベンションセンター OPEN 17:30 / START 18:30 2017年10月8日(日)静岡県 エコパアリーナ OPEN 17:00 / START 18:00 2017年10月9日(月・祝)静岡県 エコパアリーナ ※追加公演 OPEN 16:00 / START 17:00 2017年10月24日(火)愛知県 Zepp Nagoya ※再追加公演 OPEN 18:00 / START 19:00 2017年10月25日(水)愛知県 Zepp Nagoya ※再追加公演 OPEN 18:00 / START 19:00 2017年10月31日(火)大阪府 大阪城ホール OPEN 17:30 / START 18:30 2017年11月1日(水)大阪府 大阪城ホール OPEN 17:30 / START 18:30 2017年11月8日(水)東京都 新木場STUDIO COAST ※再追加公演 OPEN 18:00 / START 19:00 2017年11月9日(木)東京都 新木場STUDIO COAST ※再追加公演 OPEN 18:00 / START 19:00 2017年11月18日(土)広島県 グリーンアリーナ OPEN 17:00 / START 18:00 2017年11月19日(日)広島県 グリーンアリーナ ※追加公演 OPEN 16:00 / START 17:00 2017年11月27日(月)大阪府 Zepp Osaka Bayside ※再追加公演 OPEN 18:00 / START 19:00 2017年11月28日(火)大阪府 Zepp Osaka Bayside ※再追加公演 OPEN 18:00 / START 19:00 2017年12月9日(土)宮城県 セキスイハイムスーパーアリーナ OPEN 17:00 / START 18:00 2017年12月10日(日)宮城県 セキスイハイムスーパーアリーナ ※追加公演 OPEN 16:00 / START 17:00 2017年12月16日(土)石川県 石川県産業展示館4号館 OPEN 17:00 / START 18:00 2017年12月26日(火)徳島県 アスティとくしま OPEN 17:30 / START 18:30 2018年1月10日(水)愛知県 日本ガイシホール OPEN 17:30 / START 18:30 2018年1月11日(木)愛知県 日本ガイシホール OPEN 17:30 / START 18:30 2018年1月16日(火)兵庫県 神戸ワールド記念ホール ※再追加公演 2018年1月17日(水)兵庫県 神戸ワールド記念ホール ※再追加公演 2018年1月27日(土)福岡県 マリンメッセ福岡 OPEN 17:00 / START 18:00 2018年1月28日(日)福岡県 マリンメッセ福岡 OPEN 16:00 / START 17:00 2018年2月10日(土)埼玉県 さいたまスーパーアリーナ ※再追加公演 2018年2月11日(日・祝)埼玉県 さいたまスーパーアリーナ ※再追加公演 料金:8,640円(税込) MORE INFORMATION:



ライザー軍曹(raiza-sergeant)
【記念撮影】BUMP OF CHICKEN 目的や理由の ざわめきからはみ出した 名付けようのない時間の場所に 紙飛行機みたいに ふらふら飛び込んで 空の色が変わるのを見ていた ※らんらんらんらら 遠くに聞こえた 遠吠えとブレーキ 一本のコーラを挟んで座った 好きなだけ喋って 好きなだけ黙って 曖昧なメロディー一緒になぞった やりたい事がないわけじゃない はずだったと思うけど 思い出そうとしたら 笑顔とため息の事ばかり ねぇきっと迷子のままでも大丈夫 僕らはどこへでもいけると思う 君は知っていた 僕も気付いていた 終わる魔法の中にいた事 昨日と似たような 繰り返しの普通に 少しずつこっそり時間削られた 瞬きの向こうに いろいろいくつも 見落としたり見落としたふりしたり あれほど近くて だけど触れなかった 冗談と沈黙の奥の何か ポケットには鍵と 丸めたレシートと 面倒な本音をつっこんで隠していた 固まって待ったシャッター レンズの前で並んで とても楽しくて ずるくて あまりに眩しかった そして今想像じゃない未来に立って 相変わらず同じ怪我をしたよ 掌の上の 動かない景色の 中から僕らが僕を見ている ※らんらんらんらら 目的や理由の ざわめきに囲まれて 覚えて慣れてベストを尽くして 聞こえた気がした 遠吠えとブレーキ 曖昧なメロディー一人でなぞった 言葉に直せない全てを 紙飛行機みたいに あの時二人で 見つめたレンズの向こうの世界へ 投げたんだ 想像じゃない未来に立って 僕だけの昨日が積み重なっても その昨日の下の 変わらない景色の 中からここまで繋がっている 迷子のままでも大丈夫 僕らはどこへでもいけると思う 君は笑っていた 僕だってそうだった 終わる魔法の外に向けて 今僕がいる未来に向けて
お世話になっております。さん
いい歳の取り方日本代表
亜水チャンネル
LINE MUSICにバンプ無いのほんと辛いなぁ......
AK R
永遠に新規が増え続ける最強のバンド
マーニ有
目的や理由のざわめきからはみ出した 名付けようのない時間の場所に 紙飛行機みたいに ふらふら飛び込んで 空の色が変わるのを見ていた 遠くに聞こえた 遠吠えとブレーキ 一本のコーラを挟んで座った 好きなだけ喋って 好きなだけ黙って 曖昧なメロディー 一緒になぞった やりたい事がないわけじゃないはずだったと思うけど 思い出そうとしたら 笑顔とため息の事ばかり ねぇ きっと 迷子のままでも大丈夫 僕らはどこへでもいけると思う 君は知っていた 僕も気付いていた 終わる魔法の中にいた事 昨日と似たような繰り返しの普通に 少しずつこっそり時間削られた 瞬きの向こうに いろいろいくつも 見落としたり 見落としたふりしたり あれほど近くて だけど触れなかった 冗談と沈黙の奥の何か ポケットには鍵と 丸めたレシートと 面倒な本音を つっこんで隠していた 固まって待ったシャッター レンズの前で並んで とても楽しくて ずるくて あまりに眩しかった そして今 想像じゃない未来に立って 相変わらず同じ怪我をしたよ 掌の上の 動かない景色の中から 僕らが僕を見ている 目的や理由のざわめきに囲まれて 覚えて慣れて ベストを尽くして 聞こえた気がした 遠吠えとブレーキ 曖昧なメロディー 一人でなぞった 言葉に直せない全てを 紙飛行機みたいに あの時二人で見つめた レンズの向こうの世界へ 投げたんだ 想像じゃない未来に立って 僕だけの昨日が積み重なっても その昨日の下の 変わらない景色の中から ここまで繋がっている 迷子のままでも大丈夫 僕らはどこへでもいけると思う 君は笑っていた 僕だってそうだった 終わる魔法の外に向けて 今僕がいる未来に向けて (自分のためです)
ちぎられパン
おじさん4人かっこよすぎかよ 同じ時代に生まれて、BUMPを好きになってよかったって曲が出るたびに思うし こうやって発信してくれてることがすごい嬉しい ライブに行けなかった空白の数年がある分 新曲出たり、ツアーしたりしてくれることが何よりものプレゼントです ありがとう
名井シャロン
『弱者の反撃』 そういう意味で付けられた名前『BUMP OF CHICKEN』 もう充分強者だよ
。しみ
寒さのせいか、映像の凄さのせいか、会場の一体感のせいか、鳥肌がとまりませんでした。 センター試験まであと52日と少なくて、不安が迫り、自分が自分を押し潰そうとしてくるけど、BUMPの曲を聴けば踏ん張れます。 このミュージックビデオを見てLIVE行きたさが倍増しましたが、さらに頑張れる理由になりました。 「合格したらLIVEに連れてってあげる。グッツも欲しいのを全部買ってあげる」と親と約束もしました。 会える事を何よりの楽しみにしています。 私情をダラダラとすみません🙇🏻‍♀️ BUMP OF CHICKEN すんごくかっけえです!!! (p.s. たくさん応援のコメントをしていただけて嬉しかったです。大学合格しました。)(CDJ行けました😭)
ゆら
ーーー歌詞ーーー 目的や理由の ざわめきからはみ出した 名付けようのない 時間の場所に 紙飛行機みたいに ふらふら飛び込んで 空の色が変わるのを見ていた 遠くに聞こえた 遠吠えとブレーキ 一本のコーラを挟んで座った 好きなだけ喋って 好きなだけ黙って 曖昧なメロディー 一緒になぞった やりたい事がないわけじゃないはずだったと思うけど 思い出そうとしたら 笑顔とため息の事ばかり ねぇ きっと 迷子のままでも大丈夫 僕らはどこへでもいけると思う 君は知っていた 僕も気付いていた 終わる魔法の中にいた事 昨日と似たような繰り返しの普通に 少しずつこっそり時間削られた 瞬きの向こうに いろいろいくつも 見落としたり 見落としたふりしたり あれほど近くて だけど触れなかった 冗談と沈黙の奥の何か ポケットには鍵と 丸めたレシートと 面倒な本音を つっこんで隠していた 固まって待ったシャッター レンズの前で並んで とても楽しくて ずるくて あまりに眩しかった そして今 想像じゃない未来に立って 相変わらず同じ怪我をしたよ 掌の上の 動かない景色の中から 僕らが僕を見ている 目的や理由のざわめきに囲まれて 覚えて慣れて ベストを尽くして 聞こえた気がした 遠吠えとブレーキ 曖昧なメロディー 一人でなぞった 言葉に直せない全てを 紙飛行機みたいに あの時二人で見つめた レンズの向こうの世界へ 投げたんだ 想像じゃない未来に立って 僕だけの昨日が積み重なっても その昨日の下の 変わらない景色の 中から ここまで繋がっている 迷子のままでも大丈夫 僕らはどこへでもいけると思う 君は笑っていた 僕だってそうだった 終わる魔法の外に向けて 今僕がいる未来に向けて どうぞ( ˇωˇ )
HIKAKINのファン
2019年聞いてる人!
A S
目的や理由のざわめきからはみ出した 名付けようのない時間の場所に 紙飛行機みたいに ふらふら飛び込んで 空の色が変わるのを見ていた 遠くに聞こえた 遠吠えとブレーキ 一本のコーラを挟んで座った 好きなだけ喋って 好きなだけ黙って 曖昧なメロディー 一緒になぞった やりたい事がないわけじゃないはずだったと思うけど 思い出そうとしたら 笑顔とため息の事ばかり ねぇ きっと 迷子のままでも大丈夫 僕らはどこへでもいけると思う 君は知っていた 僕も気付いていた 終わる魔法の中にいた事 昨日と似たような繰り返しの普通に 少しずつこっそり時間削られた 瞬きの向こうに いろいろいくつも 見落としたり 見落としたふりしたり あれほど近くて だけど触れなかった 冗談と沈黙の奥の何か ポケットには鍵と 丸めたレシートと 面倒な本音を つっこんで隠していた 固まって待ったシャッター レンズの前で並んで とても楽しくて ずるくて あまりに眩しかった そして今 想像じゃない未来に立って 相変わらず同じ怪我をしたよ 掌の上の 動かない景色の中から 僕らが僕を見ている 目的や理由のざわめきに囲まれて 覚えて慣れて ベストを尽くして 聞こえた気がした 遠吠えとブレーキ 曖昧なメロディー 一人でなぞった 言葉に直せない全てを 紙飛行機みたいに あの時二人で見つめた レンズの向こうの世界へ 投げたんだ 想像じゃない未来に立って 僕だけの昨日が積み重なっても その昨日の下の 変わらない景色の中から ここまで繋がっている 迷子のままでも大丈夫 僕らはどこへでもいけると思う 君は笑っていた 僕だってそうだった 終わる魔法の外に向けて 今僕がいる未来に向けて
ぴょんすみゃあ
再生数見て思うのはなんだかんだで今も大人気なんだなあって
滝本翼
天体観測とかrayとかは一周まわってめちゃくちゃ好きなんだけど、それを周りの人に言ったりしたらにわかって言われそうだから、先に割とマイナーな66号線とかダンデライオンが好きって言うの誰かわかる人いませんか
まろ。
目的や理由のざわめきからはみ出した 名付けようのない時間の場所に 紙飛行機みたいに ふらふら飛び込んで 空の色が変わるのを見ていた 遠くに聞こえた 遠吠えとブレーキ 一本のコーラを挟んで座った 好きなだけ喋って 好きなだけ黙って 曖昧なメロディー 一緒になぞった やりたい事がないわけじゃないはずだったと思うけど 思い出そうとしたら 笑顔とため息の事ばかり ねぇ きっと 迷子のままでも大丈夫 僕らはどこへでもいけると思う 君は知っていた 僕も気付いていた 終わる魔法の中にいた事 昨日と似たような繰り返しの普通に 少しずつこっそり時間削られた 瞬きの向こうに いろいろいくつも 見落としたり 見落としたふりしたり あれほど近くて だけど触れなかった 冗談と沈黙の奥の何か ポケットには鍵と 丸めたレシートと 面倒な本音を つっこんで隠していた 固まって待ったシャッター レンズの前で並んで とても楽しくて ずるくて あまりに眩しかった そして今 想像じゃない未来に立って 相変わらず同じ怪我をしたよ 掌の上の 動かない景色の中から 僕らが僕を見ている 目的や理由のざわめきに囲まれて 覚えて慣れて ベストを尽くして 聞こえた気がした 遠吠えとブレーキ 曖昧なメロディー 一人でなぞった 言葉に直せない全てを 紙飛行機みたいに あの時二人で見つめた レンズの向こうの世界へ 投げたんだ 想像じゃない未来に立って 僕だけの昨日が積み重なっても その昨日の下の 変わらない景色の中から ここまで繋がっている 迷子のままでも大丈夫 僕らはどこへでもいけると思う 君は笑っていた 僕だってそうだった 終わる魔法の外に向けて 今僕がいる未来に向けて
Mr.メロン
目的や理由のざわめきからはみ出した 名付けようのない時間の場所に 紙飛行機みたいに ふらふら飛び込んで 空の色が変わるのを見ていた 遠くに聞こえた 遠吠えとブレーキ 一本のコーラを挟んで座った 好きなだけ喋って 好きなだけ黙って 曖昧なメロディー 一緒になぞった やりたい事がないわけじゃないはずだったと思うけど 思い出そうとしたら 笑顔とため息の事ばかり ねぇ きっと 迷子のままでも大丈夫 僕らはどこへでもいけると思う 君は知っていた 僕も気付いていた 終わる魔法の中にいた事 昨日と似たような繰り返しの普通に 少しずつこっそり時間削られた 瞬きの向こうに いろいろいくつも 見落としたり 見落としたふりしたり あれほど近くて だけど触れなかった 冗談と沈黙の奥の何か ポケットには鍵と 丸めたレシートと 面倒な本音を つっこんで隠していた 固まって待ったシャッター レンズの前で並んで とても楽しくて ずるくて あまりに眩しかった そして今 想像じゃない未来に立って 相変わらず同じ怪我をしたよ 掌の上の 動かない景色の中から 僕らが僕を見ている 目的や理由のざわめきに囲まれて 覚えて慣れて ベストを尽くして 聞こえた気がした 遠吠えとブレーキ 曖昧なメロディー 一人でなぞった 言葉に直せない全てを 紙飛行機みたいに あの時二人で見つめた レンズの向こうの世界へ 投げたんだ 想像じゃない未来に立って 僕だけの昨日が積み重なっても その昨日の下の 変わらない景色の中から ここまで繋がっている 迷子のままでも大丈夫 僕らはどこへでもいけると思う 君は笑っていた 僕だってそうだった 終わる魔法の外に向けて 今僕がいる未来に向けて
信楽疾風
目的や理由のざわめきからはみ出した 名付けようのない時間の場所に 紙飛行機みたいに ふらふら飛び込んで 空の色が変わるのを見ていた 遠くに聞こえた 遠吠えとブレーキ 一本のコーラを挟んで座った 好きなだけ喋って 好きなだけ黙って 曖昧なメロディー 一緒になぞった やりたい事がないわけじゃないはずだったと思うけど 思い出そうとしたら 笑顔とため息の事ばかり ねぇ きっと 迷子のままでも大丈夫 僕らはどこへでもいけると思う 君は知っていた 僕も気付いていた 終わる魔法の中にいた事 昨日と似たような繰り返しの普通に 少しずつこっそり時間削られた 瞬きの向こうに いろいろいくつも 見落としたり 見落としたふりしたり あれほど近くて だけど触れなかった 冗談と沈黙の奥の何か ポケットには鍵と 丸めたレシートと 面倒な本音を つっこんで隠していた 固まって待ったシャッター レンズの前で並んで とても楽しくて ずるくて あまりに眩しかった そして今 想像じゃない未来に立って 相変わらず同じ怪我をしたよ 掌の上の 動かない景色の中から 僕らが僕を見ている 目的や理由のざわめきに囲まれて 覚えて慣れて ベストを尽くして 聞こえた気がした 遠吠えとブレーキ 曖昧なメロディー 一人でなぞった 言葉に直せない全てを 紙飛行機みたいに あの時二人で見つめた レンズの向こうの世界へ 投げたんだ 想像じゃない未来に立って 僕だけの昨日が積み重なっても その昨日の下の 変わらない景色の中から ここまで繋がっている 迷子のままでも大丈夫 僕らはどこへでもいけると思う 君は笑っていた 僕だってそうだった 終わる魔法の外に向けて 今僕がいる未来に向けて
はるじおん
最近BUMP聞く回数が減ってたけど、結局戻ってくるのはBUMPなんだよな。声聞くと色んな事を思い出すし、辛い時も楽しい時もいつも寄り添ってくれたのがBUMPでした。これからもずっと応援させていただきます(;;)今回は受験生だからツアー行けなかったけど次は絶対いきます!
Skyさん
目的や理由のざわめきからはみ出した 名付けようのない時間の場所に 紙飛行機みたいに ふらふら飛び込んで 空の色が変わるのを見ていた 遠くに聞こえた 遠吠えとブレーキ 一本のコーラを挟んで座った 好きなだけ喋って 好きなだけ黙って 曖昧なメロディー 一緒になぞった やりたい事がないわけじゃないはずだったと思うけど 思い出そうとしたら 笑顔とため息の事ばかり ねぇ きっと 迷子のままでも大丈夫 僕らはどこへでもいけると思う 君は知っていた 僕も気付いていた 終わる魔法の中にいた事 昨日と似たような繰り返しの普通に 少しずつこっそり時間削られた 瞬きの向こうに いろいろいくつも 見落としたり 見落としたふりしたり あれほど近くて だけど触れなかった 冗談と沈黙の奥の何か ポケットには鍵と 丸めたレシートと 面倒な本音を つっこんで隠していた 固まって待ったシャッター レンズの前で並んで とても楽しくて ずるくて あまりに眩しかった そして今 想像じゃない未来に立って 相変わらず同じ怪我をしたよ 掌の上の 動かない景色の中から 僕らが僕を見ている 目的や理由のざわめきに囲まれて 覚えて慣れて ベストを尽くして 聞こえた気がした 遠吠えとブレーキ 曖昧なメロディー 一人でなぞった 言葉に直せない全てを 紙飛行機みたいに あの時二人で見つめた レンズの向こうの世界へ 投げたんだ 想像じゃない未来に立って 僕だけの昨日が積み重なっても その昨日の下の 変わらない景色の中から ここまで繋がっている 迷子のままでも大丈夫 僕らはどこへでもいけると思う 君は笑っていた 僕だってそうだった 終わる魔法の外に向けて 今僕がいる未来に向けて
トトロ
今年のBUMP OF CHICKEN 立方体にハマる
基山ヒロト
目的や理由のざわめきからはみ出した 名付けようのない時間の場所に 紙飛行機みたいに ふらふら飛び込んで 空の色が変わるのを見ていた 遠くに聞こえた 遠吠えとブレーキ 一本のコーラを挟んで座った 好きなだけ喋って 好きなだけ黙って 曖昧なメロディー 一緒になぞった やりたい事がないわけじゃないはずだったと思うけど 思い出そうとしたら 笑顔とため息の事ばかり ねぇ きっと 迷子のままでも大丈夫 僕らはどこへでもいけると思う 君は知っていた 僕も気付いていた 終わる魔法の中にいた事 昨日と似たような繰り返しの普通に 少しずつこっそり時間削られた 瞬きの向こうに いろいろいくつも 見落としたり 見落としたふりしたり あれほど近くて だけど触れなかった 冗談と沈黙の奥の何か ポケットには鍵と 丸めたレシートと 面倒な本音を つっこんで隠していた 固まって待ったシャッター レンズの前で並んで とても楽しくて ずるくて あまりに眩しかった そして今 想像じゃない未来に立って 相変わらず同じ怪我をしたよ 掌の上の 動かない景色の中から 僕らが僕を見ている 目的や理由のざわめきに囲まれて 覚えて慣れて ベストを尽くして 聞こえた気がした 遠吠えとブレーキ 曖昧なメロディー 一人でなぞった 言葉に直せない全てを 紙飛行機みたいに あの時二人で見つめた レンズの向こうの世界へ 投げたんだ 想像じゃない未来に立って 僕だけの昨日が積み重なっても その昨日の下の 変わらない景色の中から ここまで繋がっている 迷子のままでも大丈夫 僕らはどこへでもいけると思う 君は笑っていた 僕だってそうだった 終わる魔法の外に向けて 今僕がいる未来に向けて
Nafiha Nasar
いつかBUMPをライブで見たいな( ´ ▽ ` ) 大好きなバンドです!
flowerspica♡Yumin-a
「2人で写っている写真」って言えば済むところを「手のひらの上の動かない景色の中から僕らが僕を見てる」なんて素敵な言い方をするもんだから、途端に時間の流れができて広がりも感じます。
Koushiあでゅふら
目的や理由のざわめきからはみ出した 名付けようのない時間の場所に 紙飛行機みたいに ふらふら飛び込んで 空の色が変わるのを見ていた 遠くに聞こえた 遠吠えとブレーキ 一本のコーラを挟んで座った 好きなだけ喋って 好きなだけ黙って 曖昧なメロディー 一緒になぞった やりたい事がないわけじゃないはずだったと思うけど 思い出そうとしたら 笑顔とため息の事ばかり ねぇ きっと 迷子のままでも大丈夫 僕らはどこへでもいけると思う 君は知っていた 僕も気付いていた 終わる魔法の中にいた事 昨日と似たような繰り返しの普通に 少しずつこっそり時間削られた 瞬きの向こうに いろいろいくつも 見落としたり 見落としたふりしたり あれほど近くて だけど触れなかった 冗談と沈黙の奥の何か ポケットには鍵と 丸めたレシートと 面倒な本音を つっこんで隠していた 固まって待ったシャッター レンズの前で並んで とても楽しくて ずるくて あまりに眩しかった そして今 想像じゃない未来に立って 相変わらず同じ怪我をしたよ 掌の上の 動かない景色の中から 僕らが僕を見ている 目的や理由のざわめきに囲まれて 覚えて慣れて ベストを尽くして 聞こえた気がした 遠吠えとブレーキ 曖昧なメロディー 一人でなぞった 言葉に直せない全てを 紙飛行機みたいに あの時二人で見つめた レンズの向こうの世界へ 投げたんだ 想像じゃない未来に立って 僕だけの昨日が積み重なっても その昨日の下の 変わらない景色の中から ここまで繋がっている 迷子のままでも大丈夫 僕らはどこへでもいけると思う 君は笑っていた 僕だってそうだった 終わる魔法の外に向けて 今僕がいる未来に向けて
Balloon paper
目的や理由のざわめきからはみ出した 名付けようのない時間の場所に 紙飛行機みたいに ふらふら飛び込んで 空の色が変わるのを見ていた 遠くに聞こえた 遠吠えとブレーキ 一本のコーラを挟んで座った 好きなだけ喋って 好きなだけ黙って 曖昧なメロディー 一緒になぞった やりたい事がないわけじゃないはずだったと思うけど 思い出そうとしたら 笑顔とため息の事ばかり ねぇ きっと 迷子のままでも大丈夫 僕らはどこへでもいけると思う 君は知っていた 僕も気付いていた 終わる魔法の中にいた事 昨日と似たような繰り返しの普通に 少しずつこっそり時間削られた 瞬きの向こうに いろいろいくつも 見落としたり 見落としたふりしたり あれほど近くて だけど触れなかった 冗談と沈黙の奥の何か ポケットには鍵と 丸めたレシートと 面倒な本音を つっこんで隠していた 固まって待ったシャッター レンズの前で並んで とても楽しくて ずるくて あまりに眩しかった そして今 想像じゃない未来に立って 相変わらず同じ怪我をしたよ 掌の上の 動かない景色の中から 僕らが僕を見ている 目的や理由のざわめきに囲まれて 覚えて慣れて ベストを尽くして 聞こえた気がした 遠吠えとブレーキ 曖昧なメロディー 一人でなぞった 言葉に直せない全てを 紙飛行機みたいに あの時二人で見つめた レンズの向こうの世界へ 投げたんだ 想像じゃない未来に立って 僕だけの昨日が積み重なっても その昨日の下の 変わらない景色の中から ここまで繋がっている 迷子のままでも大丈夫 僕らはどこへでもいけると思う 君は笑っていた 僕だってそうだった 終わる魔法の外に向けて 今僕がいる未来に向けて
QU-E
こんな綺麗な曲があったんだから、まだこの世界にはわたしが拾えてないだけで一杯素敵なものがあるんだと信じて、まだもうちょっと生きてみようと思います。そしてまたダメになったら聴きに来ますね
なち
私の気になってる男の子がBUMP OF CHICKENが好きで、今日聞いてみたらめちゃくちゃいい曲ばかりでハマりました。いつかLIVE一緒に行きたいな
83 et
インフルエンザはやく治りますように! ご自愛召されよ~~
萌田なな
記念撮影聴きに来たのにシリウスが流れて間違えてクリックしたのかと思ったら広告だったw BUMPの動画にBUMPの広告とか 最高かよ
チャンネルハナクソ
今日Cmでサザエさんになっててワロタ
コミュニケーション障害対人恐怖症過剰自意識閉鎖的根暗人間
バンプオブチキンが好きな人間に生まれてこれただけでも運がいいわ。
青リンゴの妖精
最近のBUMPは昔よりも凄く落ち着いたかっこよさがある気がする。よく「昔の方が良かった」という意見を聞くけど今は今の貫禄?に似たかっこよさがあって俺は好きだな( ᵕᴗᵕ )
PhantomaN -_x
やっぱバンプは実家のような安心感だよ
ジェーン・ワコム
私は中学生の時に、鬱病を発症してしまい、入院していました。 病気発症前からとても好きでした。 発症後は私の安定剤となって支えてくれました。 入院している時にできた友人と、一緒に聴いていました。 友人と2人で「いつか退院したら一緒にLiveに行こうね。」と約束しました。 その後、その子とは連絡を取ることが出来なくなってしまって、今どこにいるかも、分からなくなってしまいました。 でも、いつかバンプのLiveで偶然に逢えたらいいなと思ってます。
偉い人北の
こいつら本当に40近いオッサンなのか?w
あいうABC
高評価と低評価の比率がw さすがだー!
YR TI
色んな歌手に手を出してハマるけど、 また藤原さんの声聴いたら、俺にはここしかないって思える。
まる助
3つのモノが色々移り変わっていく綺麗な歌詞だなぁ 「自分」と「相手」と「一本のコーラ(相手との距離感的なもの?)」とか 「やりたい事」と「笑顔」と「ため息」とか 「鍵」と「丸めたレシート」と「面倒な本音」とか 「楽しくて」「ずるくて」「眩しかった」とか しかもその殆どが2つは明確なモノなんだけどあと1つは言葉に直す事の出来ない曖昧なモノなんだよね そして最終的には「過去」「現在」「未来」に当てはめていくという素晴らしい歌詞
SHO MATSUDA
BUMPって昔と曲調変わったねって友達に言われたけど、確かに初期の頃のアップテンポの曲は少なくなったと思う。 でもBUMPも長い間やってきて変わらない方がおかしいし、この変化は『 変化』という言い方より『 進化』という言い方が当てはまると思う。
みみみ
いままでずっとチケットに落ち続けて、誰かの力を借りて参戦してきたBUMPのライブだったけど、生まれて初めて自分でチケットを当てて自分の名前が入ったチケットを握りしめて行ったライブがこの幕張。
ケンチャン
一生BUMP OF CHICKEN聴きながら死にたい。
!揶揄
目的や理由のざわめきからはみ出した 名付けようのない時間の場所に 紙飛行機みたいに ふらふら飛び込んで 空の色が変わるのを見ていた 遠くに聞こえた 遠吠えとブレーキ 一本のコーラを挟んで座った 好きなだけ喋って 好きなだけ黙って 曖昧なメロディー 一緒になぞった やりたい事がないわけじゃないはずだったと思うけど 思い出そうとしたら 笑顔とため息の事ばかり ねぇ きっと 迷子のままでも大丈夫 僕らはどこへでもいけると思う 君は知っていた 僕も気付いていた 終わる魔法の中にいた事 昨日と似たような繰り返しの普通に 少しずつこっそり時間削られた 瞬きの向こうに いろいろいくつも 見落としたり 見落としたふりしたり あれほど近くて だけど触れなかった 冗談と沈黙の奥の何か ポケットには鍵と 丸めたレシートと 面倒な本音を つっこんで隠していた 固まって待ったシャッター レンズの前で並んで とても楽しくて ずるくて あまりに眩しかった そして今 想像じゃない未来に立って 相変わらず同じ怪我をしたよ 掌の上の 動かない景色の中から 僕らが僕を見ている 目的や理由のざわめきに囲まれて 覚えて慣れて ベストを尽くして 聞こえた気がした 遠吠えとブレーキ 曖昧なメロディー 一人でなぞった 言葉に直せない全てを 紙飛行機みたいに あの時二人で見つめた レンズの向こうの世界へ 投げたんだ 想像じゃない未来に立って 僕だけの昨日が積み重なっても その昨日の下の 変わらない景色の中から ここまで繋がっている 迷子のままでも大丈夫 僕らはどこへでもいけると思う 君は笑っていた 僕だってそうだった 終わる魔法の外に向けて 今僕がいる未来に向けて
ずか
目的や理由のざわめきからはみ出した 名付けようのない時間の場所に 紙飛行機みたいに ふらふら飛び込んで 空の色が変わるのを見ていた 遠くに聞こえた 遠吠えとブレーキ 一本のコーラを挟んで座った 好きなだけ喋って 好きなだけ黙って 曖昧なメロディー 一緒になぞった やりたい事がないわけじゃないはずだったと思うけど 思い出そうとしたら 笑顔とため息の事ばかり ねぇ きっと 迷子のままでも大丈夫 僕らはどこへでもいけると思う 君は知っていた 僕も気付いていた 終わる魔法の中にいた事 昨日と似たような繰り返しの普通に 少しずつこっそり時間削られた 瞬きの向こうに いろいろいくつも 見落としたり 見落としたふりしたり あれほど近くて だけど触れなかった 冗談と沈黙の奥の何か ポケットには鍵と 丸めたレシートと 面倒な本音を つっこんで隠していた 固まって待ったシャッター レンズの前で並んで とても楽しくて ずるくて あまりに眩しかった そして今 想像じゃない未来に立って 相変わらず同じ怪我をしたよ 掌の上の 動かない景色の中から 僕らが僕を見ている 目的や理由のざわめきに囲まれて 覚えて慣れて ベストを尽くして 聞こえた気がした 遠吠えとブレーキ 曖昧なメロディー 一人でなぞった 言葉に直せない全てを 紙飛行機みたいに あの時二人で見つめた レンズの向こうの世界へ 投げたんだ 想像じゃない未来に立って 僕だけの昨日が積み重なっても その昨日の下の 変わらない景色の中から ここまで繋がっている 迷子のままでも大丈夫 僕らはどこへでもいけると思う 君は笑っていた 僕だってそうだった 終わる魔法の外に向けて 今僕がいる未来に向けて
siikou222
「2017年度 輝くスルメ曲大賞」決定
永川拓人
インフルエンザ事態は嫌だけど、 藤くんにうつされるインフルなら喜んでもらう
Vince Carter
再生始まる前から高評価不可避
しえりん
うちの青春はBUMP OF CHICKENとRADWIMPSと共にある
fire31n
個人的には、初めてロストマンを聴いた時と同じくらい衝撃的な歌。 時空の捉え方が天才すぎて何度聴いても鳥肌がとまりません。 「想像じゃない未来に立って相変わらず同じ怪我をしたよ」 このフレーズが本当にもうたまらない…
M Mio
藤原基央来月39歳とか詐欺でしょう、ね、そうでしょう ちなみに今年の4月12日は、39年前藤くんが誕生した木曜日が廻ってくる年ですね
14まる
コメント~日前とか~週間前とか多すぎ。大好きかよ。 大好きだよ。
あの日死んだキムマサオ
藤くんめっちゃカッコよくなってない?
おさかなファンタジー
やりたいことがない わけじゃない はずだったと思うけど ここ一番好き!
メグ
韓国のfanです!! 音楽が本当に良いです💕💕応援します!!
バッハセバスチャン
バンプってどれだけ変わったとしても人柄についていけますよね
米津坂46
米津玄師さん、川谷絵音さん、野田洋次郎さんが影響を受けたというだけあって本当に藤原さんは凄い人なんだな。
Katy Luis
bumpの曲は凄く人生がある、深みがある、体験と感情の積み重ねが哀しくて辛い程に詰まってる 志や夢を抱き本気で為そうと仕事をしてきた事のある人間が誰しも経験した事のある感情達を歌詞にしている rayとも似た感情を感じる歌詞、叶えた夢、現実、好きな事やりたい事伝えたかった事、忘れかける分からなくなる初心と現実の狭間、生きる、孤独、悲しさ、寂しさ、変えようと戦う信念、何度戦っても変えられない現実と折られた信念、分からない中でしがみつき絡みついて話しかける、叶えたい未来を重要な転機を想い出を共有した今は遠い大切な誰か達 その哀しさと苦しみと迷い、自らを見失いそうな何が正しいのかも分からない何故ここにいてこれから何をしたかったのかすら分からなくなる経験による困惑、欲している新しい答えと見つからない苦しさ 経てきた人生と言葉や感情のリアリティーが聴く者の心を惹きつける 今へ流れ着くまでの出会い、出来事、葛藤、その時々の悩み抜きまた塗り替え選んできた選択、繋がるその全て、今の自分を作った全てのもう二度と会わない人達 ミスチルや宇多田も近い所がある 感受性豊かな人間達が経験の数と種類と生きてきた年数で歌詞が変わる 剥き出しの感情と強いリアリティーがそこにある だから何年たっても面白い
みき
進化していくのになぜか年々若返るメンバー
summerあっ
この場所にいたことの幸せ
snow 08
何がしたかったのかわからないって言ってる人がいるがそもそも俺らは藤原基央が、BUMP OF CHICKENが作る音楽が好きなんだよ。だから曲を聴いてるし、ファンなわけで。無理に曲を好きになる必要なんて無いからその時はBUMPから離れればいい。藤くんにこういうのを歌ってほしい!っていう気持ちはわかるけど、望まれてるからって本人達が歌いたくない曲を作られても心から楽しめない。俺はBUMP OF CHICKENが好きだから彼らが好きなように、伝えたいことを歌った唄が聴きたい。だからファンになった。うまく言えないけどもし今までと違うタイプの曲を出したとしてもそれを聴くことで彼らと一緒に生きているって感覚が味わえるんだよね。ああ、今BUMPはこういうことを考えてるんだなとか。彼らより全然年下だけど、子供を見守る親のような感覚。今BUMPはこういう事をしてる、新しい道に行こうとしてるんだね、って。それが楽しいし幸せなんですよ。結局のところ何が言いたいかというとBUMPが好きでBUMPが好きなように作った歌が聴きたい。以上。
BAS TRB
いいなー 死ぬまでに1回はライブ行きたいなー
ynohmm
『迷子のままでも大丈夫。僕らはどこへでも行けると思う』って凄く勇気貰える言葉ですよね…素敵だなぁ
ろうまんじゅう
BUMPの曲聞いてこの感情ってこう表せばいいんだって初めて知ることが良くある
小松
12/9セキスイハイム来た人ー!
り り
入試がんばれる
Smith John
この曲ほんと飽きないわ
長谷川凜
バンプほど順調かつ正当な進化を遂げてきたバンドもなかなかないよね
田所浩二のアソコを掃除
『固まって待ったシャッター』がめちゃくちゃ好き
が好きBUMP
最近のBUMPの歌は 昔から変わらない切なさの在る歌詞に希望を持たせる様なキラキラの音がアクセントになっててその歌詞との調和が絶妙。入念な足算と引算で 単なるリズムがいいよく有る曲じゃない感じが何とも言えない。こう言う曲を作れるのが今のBUMPの凄さだと思う。
メンバー メンバー
ここ数年のBUMPの中で一番好き。
ミナジュウ
BUMP OF CHICKENよ、、        どうか消えないで歌い続けてくれ!
ぴろ
自分だけかもしんないけど寂しさとか儚さみたいなのは感じるけど悲しいとは思わない不思議な曲 個人的にここ数年で一番胸に響いた曲でした
サボチク
ガイシホール最高でした! 生きてきて一番綺麗な景色でした! みんな大吉!
ta i_i
インターハイの会場で流れてました! 中学からBUMPのファンで、ずっとずっと聞き込んでいた彼らの曲が僕の集大成とも言える大会の会場で歌ってくれてるんだって思ったら凄い感傷的になってしまいました。 結局いつも通り勝ち切ることは出来なかったですけど、元気と勇気を貰えました。
河野和真
目的や理由のざわめきからはみ出した 名付けようのない時間の場所に 紙飛行機みたいに ふらふら飛び込んで 空の色が変わるのを見ていた 遠くに聞こえた 遠吠えとブレーキ 一本のコーラを挟んで座った 好きなだけ喋って 好きなだけ黙って 曖昧なメロディー 一緒になぞった やりたい事がないわけじゃないはずだったと思うけど 思い出そうとしたら 笑顔とため息の事ばかり ねぇ きっと 迷子のままでも大丈夫 僕らはどこへでもいけると思う 君は知っていた 僕も気付いていた 終わる魔法の中にいた事 昨日と似たような繰り返しの普通に 少しずつこっそり時間削られた 瞬きの向こうに いろいろいくつも 見落としたり 見落としたふりしたり あれほど近くて だけど触れなかった 冗談と沈黙の奥の何か ポケットには鍵と 丸めたレシートと 面倒な本音を つっこんで隠していた 固まって待ったシャッター レンズの前で並んで とても楽しくて ずるくて あまりに眩しかった そして今 想像じゃない未来に立って 相変わらず同じ怪我をしたよ 掌の上の 動かない景色の中から 僕らが僕を見ている 目的や理由のざわめきに囲まれて 覚えて慣れて ベストを尽くして 聞こえた気がした 遠吠えとブレーキ 曖昧なメロディー 一人でなぞった 言葉に直せない全てを 紙飛行機みたいに あの時二人で見つめた レンズの向こうの世界へ 投げたんだ 想像じゃない未来に立って 僕だけの昨日が積み重なっても その昨日の下の 変わらない景色の中から ここまで繋がっている 迷子のままでも大丈夫 僕らはどこへでもいけると思う 君は笑っていた 僕だってそうだった 終わる魔法の外に向けて 今僕がいる未来に向けて
家原流太
落ち着くってのもわかるんだけど、歌詞を聴いてると個人的にはとても落ち着いてなんかいられない。上手く言えないけど、何だかたまらなくなってしまう。
ラフメイカーたけ
年内にアルバム発表ありますように!
YR TI
サザエさんのCMめっちゃ叩かれてるのに、このグッド数さすがとしか言いようがない。
フリスクの種
サザエさんとかグラブルとかのCMにBUMPの曲が使われるともはやBUMPの曲の宣伝にしか見えなくなる不思議
plasm hyalo
初ライブがBUMPでよかった、昔の荒々しい曲が好きで正直最近の曲聴いてなかったけど最初は戦慄し過ぎて動けなかった、けど次第に周りが動いてると自分もアピールが無性にしたくなって凄い動いてたし凄い叫んでた、ありがとうBUMP また機会があれば行きたいな
まさおMASA
bumpの曲ってイヤホンの音量大で聴きたくなります。
ユーマ
スピッツとかBUMPとか歳を重ねるにつれて洗練された歌声になっていくの聞いていると彼らが誇らしくなる
マノラスおじさん
バンプの中でこれが一番好き
Snowball
曲はサイコー!でもこのチケットの取り難さは何とかならないかなぁ。。。
so mo
なんか透明で傷一つない綺麗な丸いガラス玉みたいなバンド
紅葉木葉
1回、1回でいいからライブ行きたい…
田中佑基
記念撮影、シリウス、話がしたいよ、望遠のマーチ次のアルバムは目玉になれる曲が多いな
BLADE 64
聞きたい歌がない 訳じゃない。
ワロスワロスわらび餅
大学に入り念願の軽音サークルに入ったけどBUMP好きな人がいない…
新米ぱぱ
迷子のままでも大丈夫 僕らはどこへでもいけると思う この歌詞に救われた。ありがとう。
将棋毎日
バンプ中毒になってしまった…
小林由利子
この曲大好き❤❤❤ てゆうかバンプはどの曲も神曲ψ(`∇´)
ぴぱぁぱぷぅ
こんなスペシャルバージョンを出してくれるBUMPさんありがとうございます涙 大好きな歌なので嬉しいです👼🏻
Cyna logz
ライブバリ行きたいんやけど笑
yuka 13
透明感のある声って表現は この人の為にあるんだろうね
とーみょー
聞けば聞くほど不思議な心地よい懐かしさが思い浮かぶ 昔の思い出とは言えないような記憶がとても懐かしいものに感じられる 今高校生の僕が大人になっても この曲聞いて高校生の頃を懐かしく 思うんだろうなって思う そんなことを考えながら聞くと 時間がどんどん過ぎてたりする
めい
藤くん顔整ってるな
上杉卓
インフルエンザ 早く治りますように!
ほま
ライブたのしかった!!BUMPもBUMPファンの優しさも全部含めて好きです!!コンフェッティをライブ終了後に拾って渡してくれた優しさとか大好きです。残りのライブは行けないけど、国試頑張ろう〜!
いーみー
めっちゃめっちゃ鳥肌たった かっこいい😌✨
a n
藤くんやっぱ普通にイケメンだけど、目から下がありえんイケメン
愛蘭aira
本当にこの曲聞いてると落ち着く。 夜中とか夜に聞く